2017年02月08日

近くですやすや ちゃっぴとマカロン

にほんブログ村 猫ブログへ左
遊びに来てくださって、ありがとうございます。
更新の励みは、皆さんのご訪問とランキングです!ぽちっと、よろしく!!



時々近くで寝ているちゃっぴとマカロン。

170208-1.jpg

ちゃっぴが足を伸ばして…

170208-2.jpg

マカロンのお尻に触れそう〜

170208-3.jpg

いつもこんな感じだと良いんだけど…


マカロン、入院した当初から、心臓に雑音があると言われていました。
腎臓が落ち着いたら、それも調べましょう、と。
ほとんど食欲も戻ってきて、頻尿以外は落ち着いてきたので、
今日、半日預けて検査してもらいました。
その結果、血液検査での腎臓・肝臓関係の数値も良くなってきています!
ただ、やっぱり心臓は、間の壁が少し厚くなっているとのこと。
これはブリショの遺伝的なものか、加齢によるものが考えられて、特に原因はないそうです。
薬で血管を拡げたり血圧のコントロールをしたりして、うまく付き合うしかないようです。
心臓のためには、ダイエットと、心臓に負担のかかることをしないようにしなければいけないので、突然始まるちゃっぴとの大ゲンカには要注意なのです。
今も、私たちが見ていられる時は一緒にしていますが、寝る時と私たちが出かける時は、部屋を分けています。
夜、前はひよこさんの布団で寝ることが多かったので、一緒に寝てあげたいのですが、一度、明け方にちゃっぴと大ゲンカしたことがあったので、別々にすることしました。

頻尿がなかなか治らないのも気になっていたので、膀胱も診てもらいましたが、
エコーで見ると何か映っています。
レントゲンには映らないので、石ではなくて、たぶん手術した後に皮膚が剥がれたようなものだと思われるとのこと。
うまく溶けて出れば良いそうです。
あと、病院にいる間にするのは、そんなに少量のオシッコでもないので、
もしかしたらうちでは、ちゃっぴもいるし、マーキングの要素があるのかも…とのことでした。
「出ないよりはいい」ので、もう少しまとめてしてくれることを祈るばかり(笑)。

薬もいい子で飲んでくれるので、引き続きがんばろうね!
ちゃっぴも、一緒にしている時は睨まないで優しくしてあげて〜。
と言っても、マカロンから「シャーッ!」と言うことも多いんですけど(^_^;)



にほんブログ村 猫ブログへ左  どうか、ぽちっと…

ニックネーム ひよことさかな at 22:07| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近くでねんねしてるね。
2にゃんとも仲良くしてね。

マカロンくんいい子に薬を飲むんだね。
心臓は薬でコントロールできるんだ。

早くもっと元気になって落ち着くといいね。
Posted by harry at 2017年02月09日 00:41
これだけ細かにマカロンの
様子を文章で表現できるのは
さかなさん&ひよこさんの愛情が
あふれんばかりだと おっさん泣けてきました。
そしてとってもいい先生なんだろうと
羨ましいかぎりですよ

よかったね マカロン。
Posted by fit126 at 2017年02月09日 05:52
◎harryさん、ありがとうございます!
だいぶマカロンも元に戻ってきました。
時々ケンカはしますけどねー。

◎fit126さん、ありがとうございます!
病院の先生や看護師さんも、みんなマカロンをかわいがってくれてるんですよ。
Posted by さかな at 2017年02月19日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字